LQ ~愛の指数~


LQ 愛の知能指数

みなさんはLQ~愛の指数~をご存知ですか?

Love Quotient

よく知られているのが

IQ ~知能指数~

EQ ~心の知能指数~

といったところだと思います。

このLQという指数ですが

今後人間がより独創的、創造的、人間的であるために

とても重要なポテンシャルだと思います。

「動物的であれ!」

という点でもこのEQやLQは

大切なポテンシャルなので

ここでご紹介させていただきます。

IQは一時期ブームになった言葉でもあります。

ビジネスの業界や研究の業界、学校教育などで重要視されている能力で

言葉や動作に対してどれだけ知的であるか

その知能を尺度として計るテストで評価されます。

IQ 100 が一般的とされており、

70~130 の中に該当するのが全体の約95%の人間といわれています。

「精神年齢÷生活年齢×100」で計られるようで

実年齢より精神年齢が高いかどうかが基準みたいです。

最近知ったのですが、

「Mensa」という非営利団体があるようで、

IQの上位2%。大体IQ 130以上の人が交流をするために

作られた組織みたいです。

海外では

俳優のスティーブ・マーティンさんや

フォードCEOのドナルド・ピーターソンさん

日本でも

脳科学者理学博士の茂木健一郎さんや

ロザンの宇治原史規さん

脳科学者医学博士の中野信子さんなど

そうそうたるメンバー。

ちょっと興味ありますね(笑)

Mensaのテスト、受けてみたいです。

一方、EQと ~心の知能指数~という尺度もあります。

これは最近注目を集めているポテンシャルであり、

自分や他人の感情を知覚して

自分自身の感情をコントロールする能力といえるでしょう。

これは「感性」の問題とする人も多いですが、

自分の感情をコントロールする能力という意味では

「理性」も重要な性であると感じます。

EQの計測方法はまだ確定的ではないようですが、

・自己認識

・自己制御(コントロール)

・他者との関係の認識

・他者との関係の制御

をもとに評価するようです。

俯瞰的に物事をとらえられる

柔軟性の高い人が高い値を叩き出せるのではと思います。

個人的にいろいろな人間や動物たちと出会ってきて思うのは、

ある物事を完全に否定的にとらえることなく、

否定的な側面が見えたとしても、そのほかの可能性や側面から

同一のものをみて、感じること。

それができる人がEQ高い人間だと感じています。

経験領域や戦略領域など

EQにもジャンルがあるようです。

そして・・・今回一番おもしろいなと思うのが

LQ ~愛の指数~です。

これは僕が無人島で感じたことに近いものですが、

実は僕も大好きなアリババ創設者の「ジャック・マー」さんが

LQについて語っていました。

https://www.businessinsider.jp/post-166454

LQ ~愛の指数~はこれから重要なポテンシャルだと。

ジャック・マーさんはLQのことをこう語っています。

「人工知能の時代に必要なポテンシャルである」

「機械が決して持つことのできないものである」

僕も以前からZOOTIC PROGRAMにて

感情の重要性について

動物的であることの重要性について

AI時代に突入する今だから大事だと語ってきました

その能力こそ、このLQなのだと感じています。

IQは経験とともに培ってくるcollectの性質が強いですが

LQはもともと持っているRecollectの性質を持っている気もします。

愛や情熱、感謝。

人間が今忘れかけているかけがえのない

いきものとしての財産です。

LQの高い人間はLQの高い人間を引き寄せると思います。

それは引き寄せの法則の一部の要素です。

僕は自然科学・動物たち・量子力学からあることを学びました。

それは、人間は

「愛・調和・感謝」で構成されているということです。

マッドですが本当だと思います。

これらはLQを計るうえで重要な要素だと感じます。

まだまだ研究領域は無限大ですね!

AIなどの最先端テクノロジーに

僕たちの「心」だけが

取り残されることのないように

RECOLLECT

思い出すことが大切です。

 

「動物的であれ!」

 

 

ZOOTIST

予防獣医師 直良拓朗

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です